« 鎮江観光 | トップページ | 武漢の湖北省博物館 »

2017年5月 2日 (火)

鎮江から武漢

今日は朝から雨だ。列車の発車時刻にはまだだいぶ早いが小降りだったので駅まで歩いて行った。荷物検査する前に駅の店でなにか食べようかとも思ったが何も食べずに待合室に行った。まだ50分近くもあるのでガイドブックの武漢のページでも見ていようと思いリュックから本を取り出して、なにげに改札の電光掲示板を見てみると次の次の改札になっていた。あれ、なんで?と思って再度切符の列車番号を確認してみたが間違いない。駅の時計を見てみると7時40分になっていた。7時53分の列車なのでもうすぐである。自分の時計が30分以上遅れていた。あやうく乗り遅れてしまうところだった。それにしても偶然にもたすかった。宿を早く出て食事もしなかったのが幸いした。たぶん原因は昨日アナログ時計の日付が31日だったのでネジを回して1日に変更したのでその時に誤って時間をずらしてしまったのだろう。
高速鉄道に乗り4時間ほどで漢口駅に到着した。武漢市は漢口、漢陽、武昌の3つに分かれている。列車の中で今日の宿をどうしようか考えていた。昨日の強風で花粉が舞っていたようで完全に花粉症になってしまった。鼻水が止まらない。体調もすぐれないので駅から近い宿にしようと思っていた。改札を出て左の方に行くと何軒か宿がありそうだった。蘇州で泊まった布丁酒店があったので行ってみると中国の身分証がないので断られた。その隣も同じように断られた。速8酒店も断られた。またその隣もダメだった。やっと身分証がなくても泊まれる宿を見つけ、部屋を見せてもらって最初に見た部屋はトイレのドアの取っ手が壊れていたので別の部屋にしてもらって100元だったのでここにした。
漢口の駅前には地下鉄の駅があるようなので、駅前でたむろしているおばちゃんから武漢の地図を買った。私のガイド本は古いので地下鉄の路線図も載っていない。地図を見ながら1時間ほど駅前を中心に散策してみた。ちょっと食べるところが少ないのかな。足療按摩で足のマッサージをしてもらった。女性でちょっともの足りなかったがそれでも体調はずいぶん楽になった。
夕方に地下鉄に乗って循礼門で降りて、そこから繁華街を1時間ほど歩いた。ここは西欧風の建物が多い。吉野家があったので入ってみた。鶏肉のを食べてみたがまったく美味しくない。失敗だった。

|

« 鎮江観光 | トップページ | 武漢の湖北省博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1017438/72522591

この記事へのトラックバック一覧です: 鎮江から武漢:

« 鎮江観光 | トップページ | 武漢の湖北省博物館 »