« 蘇州2日目 | トップページ | 揚州観光 »

2017年4月28日 (金)

揚州へ移動

今日は寒山寺、虎丘、留園、西園、山塘街と西方に行ってみたいと思う。そして明日からは郊外の周荘、同里、西山、東山も行ってみたいと思う。朝起きてフロントでもう一泊すると言って100元を渡すと、「今日から220元になります。」と言う返事だった。昨日まで89元だったのに、あまりにも高いので、「えっ!」って聞き返すと、「明日から3連休なので高くなります。」それにしてもいきなり2倍以上の料金になるとは、観光地なのでしかたないのかもしれない。それで連休中の蘇州はあきらめて鎮江に行くことにした。ここなら観光地でもないだろうからそんなに宿の値段が上がることはないだろうと思った。
路線バスに乗って蘇州駅に行った。駅の切符売り場の窓口は相変わらず人で混雑していた。鎮江までならそんなに遠くはないので鉄道よりバスの方が便利だろうと思って北広場バスターミナルに行った。しかしここから鎮江行きはないと言われた。あっちで乗りなさいと駅の方を指す。鉄道は乗るまでに時間がかかるので近場の移動にはそんなに適していない。なので路線バスのところで聞くと、近くの北バスターミナルから出ているのではないかと言う。なので路線バスに乗って北バスターミナルまで行った。しかしここでも同じように鎮江行はないと言われてしまった。あってもよさそうに思うのだがしかたない。それなら揚州に行ってみようと思い揚州に行くことにした。切符を買うと1時間30分後の出発だった。時間が余ってしまったため食事でもしようと思ったが、この北バスターミナル周辺にはなにもない。みごとなまでに店屋もなにもない。しかたなく路線バスに乗って適当なところで降りて食事にした。今日はまったくついていない。天に見放されている感じだ。再度路線バスに乗り、北バスターミナルまで戻りやっと発車時刻になった。しかしバスはオンボロで満席である。3時間後くたくたになりながら揚州に到着した。
ここのバスターミナルは少し郊外にあるようなので、とりあえず路線バスに乗って街の中心部へ移動することにした。繁華街になってきたところで路線バスを降り、これから宿探しだ。しかし良さそうな宿がまったく見つからない。1時間半ほど探してやっと新しくて高そうな宿を見つけた。まあ値段を聞くだけにしようと思い扉を開け中に入りフロントで聞いてみた。1泊268元だという。やはり高い。3連休だから高いそうだ。ここでも連休中の宿が高いのは変わらないか?一応部屋も見せてもらって、さすがに新しいだけあって綺麗だ。連休中の宿が高いのはしかたないのか?とあきらめて、疲労のせいもあってここで泊まることにした。荷物を部屋に置いて少し休憩して、身軽になって気分を取り直し再び宿探しに出かけた。こんな高いところで2泊もできないので明日の宿探しだ。結局こんなことなら蘇州にいたほうが全然よかった。しかし今さら言ってもしかたない。今日のよかったことと言えばご飯が美味しかったことくらいだ。昼食の鶏肉とキノコの炊込みご飯、夕食のトマトと卵炒め麺。
しかしここの宿、一人なので少しも気にならないが、カップルで泊まるのならちょっと気になるかもしれない。シャワーもトイレも透け透けである。

|

« 蘇州2日目 | トップページ | 揚州観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 揚州へ移動:

« 蘇州2日目 | トップページ | 揚州観光 »