« 2016年5月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

揚州から鎮江

揚州を出てどこに行こうか迷っていたが、近くの鎮江に行くことにした。長江を北から南に渡ればすぐ鎮江である。揚州から鎮江まで高速バスは18元で1時間かからないくらいである。バスは鎮江南駅で数人を降ろし終点の鎮江駅に到着した。なんだか駅前が近代的で宿、商店、飲食店が見つからない。路線バス乗り場があったのでとりあえず行ってみた。路線バスの行先案内とガイドブックの地図を見比べてみたが、なんだかピンとこない。というかさっぱりわからない。とりあえず適当に路線バスに乗って下町風のところで宿を探すしかないのかな?と思っていた。そんなところにおっちゃんが話しかけてきた。私が「安い宿をしらないか?」と尋ねると、「知っている」と言う。おっちゃんは3輪バイクの運転手だったので乗せてもらった。少し走り駅の反対側に行くと駅前は大規模工事中でその近くに宿、商店、飲食店があった。以前はこちらの駅北口がメインだったに違いない。私の見ていたガイドブックの地図もこの駅北口からを表示している。私は駅南口と北口を間違っていたようだ。せっかく方位磁石も持っているのに確認しない自分が情けない。とりあえずおっちゃんが案内してくれた宿で料金を確認すると1泊150元だと言う。おっちゃんは80元だと言っていたのに。やはり連休中だから高いそうだ。ボロ宿で150元とか高すぎる。以前なら確実に断っていただろうが、今の中国の物価は高い。もう少し安い120元の部屋を100元にしてもらってここで泊まることにした。
路線バスに乗って金山に出かけた。連休だけあって入口は混雑していた。ここは小高い丘の上に金山寺がある。高いところからの眺めは良い。それから天下第一泉に行った。泉の底から泡がプクプクと出てきている。
金山を出て路線バスで近くの西津渡というところに行った。ここはちょっと古風な繁華街になっていた。舞台があり京劇みたいなものをやっていた。山を登って行くと楼閣があり公園になっているようだったが行かなかった。
それから近くの鎮江博物館まで歩いて行った。青銅器、陶器、金銀器、工芸品、書画の展示室があった。大きな博物館ではないので40分ほどで出てきた。
路線バスで中山西路まで戻ってきた。足療按摩があったので足のマッサージをしてもらった。熱い薬草湯に足を浸けてそれからマッサージをしてもらうと極楽だ。足の疲れが取れていくのがわかるような気分だ。あとここにはちょっとした地下街もある。新しくてきれいだ。
宿の近くで夕食にした。私がよく食べるトマトとタマゴ炒め麺にした。店の子供がテーブルで勉強していたので、いつものように何歳ですか?って聞きにいくと、生意気にも「あなたには関係ないでしょ」とかって子供らしからぬ答えが返ってきた。もう一度「何歳ですか?」って聞くと、「なんであなたに言わなきゃならないの?」ってすました顔で言っている。もう頭にきた。「お菓子をあげようと思ったけどいらないね」ってお菓子を出しながら言うと、そのお菓子を見て下を向いて考えている。再度「いらないか?」って聞くと「いる」っていうのでお菓子をあげて、「あなたはなんて言わなきゃならないの?」って言うと、やっと笑顔で「シェイシェイ」と言ってくれた。まあ私とこの5歳くらいの女の子は同じレベルだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

揚州観光

朝一番で起きて近くの個園まで行った。開園時間より少し早かったので裏の方に行ってみると観光夜市の看板があった。ちょっと古風な商店街になっていた。夜市なので今はどの店も閉まっている。朝食を出す店だけが開いていた。開園時間と同時に園内に入った。ここは個園の個の中国語の漢字(上矢印に似た漢字)が竹の葉に似ていることからついた名前だそうだ。名前の由来通り竹が多い庭園である。園内の南の方にある住宅部分も解放されており、昔の生活を垣間見ることができる。最初は入園料の45元は高すぎると思っていたが中に入って見ているうちに妥当なように思えてきた。蘇州の庭園との共通点は多い。
個園を出て水路沿いに歩いて宿まで戻った。水路沿いは歩道になっていてちょっといい感じである。途中の冶春花園茶楼では人がたくさんいて百姓戯曲というのをやっているようだった。史公祠に寄ろうと思ったが入口がわからなかった。もしくは閉鎖されていたのかもしれない。
宿に戻って次の宿に引っ越しをした。昨日探したもう少し安い宿である。それでもオンボロ宿が150元とびっくりするような高さなのだがしかたない。60元と格安なところもあったのだが中国の身分証がないとダメだった。どこの宿も観光客だとわかると強気な値段を言ってくる。早く3連休が終わってくれないことには財政破綻を起こしてしまう。友誼路から四望亭路に引っ越しだ。
引っ越しが終わって路線バスで大明寺に行った。ここは鑑真和尚がいたところだといわれている。何回もの失敗にもかかわらず、753年にやっと日本に来た人である。この時に阿倍仲麻呂も帰国しようとしていたが、彼の乗った船は南方に流され帰国できなかったという。鑑真のことは今さら私が説明する必要もないだろう。大雄宝殿を見てそれから棲霊塔に登った。この塔は別途20元必要だった。塔にはエレベータがついていて7階まで上れた。最後の8階と9階は階段で上るようになっていた。近くの痩西湖や遠くのビルまで見えて360度いい景色である。それから欧陽祠を見て鶴塚、天下第五泉、乾隆御碑、石涛記念館、鑑真記念堂と順番に見て外に出た。全部見ると結構広くて時間がかかります。2時間ほどでした。ここは日本人観光客も多いのか日本語の説明もあってわかりやすかったです。
次に唐城遺址博物館というのを見つけたので入ってみました。門票25元でした。ところがここは観光客もほとんどいなくて閑散としているだけあって入ったのは失敗でした。崔致遠という韓国人らしき人の記念館がありました。あとは城壁に少し登れるくらいで見るものはほとんどないです。
最後に痩西湖に行きました。北大門から入り南大門から出ました。ここは広くて全部は見れなかったです。足早に見たのですがそれでも2時間半かかりました。痩西湖の南大門近くにある兆祥大酒店の揚州炒飯が美味しいとガイドブックにあったので行ってみましたが、新しく美食街というのになっていました。いろんな飲食店がありましたが兆祥大酒店は見つけられませんでした。ガイド本が古くなっているのでしかたないです。
宿に戻る途中で盲人按摩店を見つけたのでさっそく按摩をしてもらいました。1時間88元と少し高かったですがすごく気持ちよくなりました。今回はじめて盲人按摩店を見つけました。だんだん少なくなってきているのだろうか?最近見つけるのに苦労しているような気がする。気のせいだろうか?
按摩の後に狭い通りの商店街でマンゴーを買っていると突然後ろでケンカが始まった。狭い通りで人が多いので車が人にぶつかったとかぶつかっていないとかで運転手と通行人が大声でもめている。そのうちいい年した中高年男性2人が殴り合いのケンカを始めた。通行人が車のワイパーをもぎ取ってそれに怒った運転手が殴り掛かっていった。私は3分ほど見ていたがその場を離れて宿に戻りました。日本では最近ほとんど見られなくなったことではある。
今日は美味しい揚州炒飯を食べそこなっていたのでどうしても揚州炒飯を食べたくなった。夕方に宿で教えてもらった冶春という店に行った。この系列の店は揚州には多く街中で見かける。揚州炒飯と黄蟹湯包を食べた。揚州炒飯はなんか私にはあっていなかった。まずいというわけではないのだが美味しくもない。素材の良さを生かそうとしているのか炒飯なのに炒め方が中途半端と言うか半生と言うかべちゃっとしている感じだった。具材はたくさん入っていた。黄蟹湯包は注文するときに最初は黄蟹包で注文した。すると店の人が湯包の方がいいですと言うので、その時にもしかして湯包というのは小籠包に似ているようなアツアツのスープが中に入っているのかな?と思って店の人に「小籠包のようなものですか?」と聞くと「そうだ」と言うので黄蟹湯包にした。これは美味しかった。1個しか注文しなかったが1人で3個はいける。中国で飲食店を教えてもらうと、ほとんどの人が当たり障りないように値段が高くて綺麗な店を紹介してくれる。私の欲しい情報はそんなのではなくて庶民が日常よくつかっているような大衆的な値段で流行っている店なのだがなかなか行き当たるのは難しい。
夜になって観光夜市のあった個園の南側の東関街に行った。ここは1キロメートルほど店が並んでいた。連休中ということもあってかたいへんな賑わいである。お土産屋と飲食店がほとんどである。30分ほど歩いて宿に戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

揚州へ移動

今日は寒山寺、虎丘、留園、西園、山塘街と西方に行ってみたいと思う。そして明日からは郊外の周荘、同里、西山、東山も行ってみたいと思う。朝起きてフロントでもう一泊すると言って100元を渡すと、「今日から220元になります。」と言う返事だった。昨日まで89元だったのに、あまりにも高いので、「えっ!」って聞き返すと、「明日から3連休なので高くなります。」それにしてもいきなり2倍以上の料金になるとは、観光地なのでしかたないのかもしれない。それで連休中の蘇州はあきらめて鎮江に行くことにした。ここなら観光地でもないだろうからそんなに宿の値段が上がることはないだろうと思った。
路線バスに乗って蘇州駅に行った。駅の切符売り場の窓口は相変わらず人で混雑していた。鎮江までならそんなに遠くはないので鉄道よりバスの方が便利だろうと思って北広場バスターミナルに行った。しかしここから鎮江行きはないと言われた。あっちで乗りなさいと駅の方を指す。鉄道は乗るまでに時間がかかるので近場の移動にはそんなに適していない。なので路線バスのところで聞くと、近くの北バスターミナルから出ているのではないかと言う。なので路線バスに乗って北バスターミナルまで行った。しかしここでも同じように鎮江行はないと言われてしまった。あってもよさそうに思うのだがしかたない。それなら揚州に行ってみようと思い揚州に行くことにした。切符を買うと1時間30分後の出発だった。時間が余ってしまったため食事でもしようと思ったが、この北バスターミナル周辺にはなにもない。みごとなまでに店屋もなにもない。しかたなく路線バスに乗って適当なところで降りて食事にした。今日はまったくついていない。天に見放されている感じだ。再度路線バスに乗り、北バスターミナルまで戻りやっと発車時刻になった。しかしバスはオンボロで満席である。3時間後くたくたになりながら揚州に到着した。
ここのバスターミナルは少し郊外にあるようなので、とりあえず路線バスに乗って街の中心部へ移動することにした。繁華街になってきたところで路線バスを降り、これから宿探しだ。しかし良さそうな宿がまったく見つからない。1時間半ほど探してやっと新しくて高そうな宿を見つけた。まあ値段を聞くだけにしようと思い扉を開け中に入りフロントで聞いてみた。1泊268元だという。やはり高い。3連休だから高いそうだ。ここでも連休中の宿が高いのは変わらないか?一応部屋も見せてもらって、さすがに新しいだけあって綺麗だ。連休中の宿が高いのはしかたないのか?とあきらめて、疲労のせいもあってここで泊まることにした。荷物を部屋に置いて少し休憩して、身軽になって気分を取り直し再び宿探しに出かけた。こんな高いところで2泊もできないので明日の宿探しだ。結局こんなことなら蘇州にいたほうが全然よかった。しかし今さら言ってもしかたない。今日のよかったことと言えばご飯が美味しかったことくらいだ。昼食の鶏肉とキノコの炊込みご飯、夕食のトマトと卵炒め麺。
しかしここの宿、一人なので少しも気にならないが、カップルで泊まるのならちょっと気になるかもしれない。シャワーもトイレも透け透けである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

蘇州2日目

再続一天(ザイシューイーテン)とフロントで言ってもう1泊することにした。私は初めて泊まるところでは「何泊しますか?」と聞かれた時にだいたい1泊にする。1晩寝て気に入ればもう1泊する。まずは宿から近い網師園に行く。30分で見て終わった。
網師園から観光ルートのバスが出ていたのでそれに乗って拙政園に行く。ここは昨日のおじいちゃんが言ってた通り、たしかに素晴らしい庭園である。広くて観光客も多い。72年の中美建交時に尼克松大統領が来たというのも本当だろう。1時間30分で見て終わった。
民俗博というところに無料なので入ってみた。ここは衣装や生活用品を展示していた。
そして獅子園を見て東園を通ってそして耦園それから平江路を歩いた。昨日も舟を降りてから少し歩いたのだが平江路は古風な感じでちょっといい。
宿で教えてもらった公園路にあるという盲人按摩を探したが見つからなかった。そのかわり足療按摩があったのでそこに入った。最近歩いていなかったので、ここ数日急に歩き始めたので足がパンパンに張っている。少し高かったが薬草の熱いお湯に両足を浸けて、そのあとマッサージをしてもらったら足の疲れがだいぶとれた。
夕食にして缶ビールを買って帰った。
ベッドで少し横になって休んだ後に19時半頃に地下鉄に乗って観前街まで行った。30分ほど歓楽街を歩いて宿にもどった。
私が見た蘇州の庭園の感想を書くと、どこも似たような造りになっている。昔の富豪たちが競い合って造ったのだろう。庭には花があり池があり假山があり、日本の庭園と似ている感じもする。屋内には模様石があり、自然に生まれた石の模様を楽しんでいたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

蘇州1日目

今日はまず最初にどこに行こうか迷ったけれど盤門に行くことにした。路線バスに乗って盤門に向かうもひと駅乗り過ごして、またバスに乗って戻ってきた。たかだかひと駅だったのだが少し雨が降っていたのでバスに乗った。昨夜はずいぶん降っていたので小降りになってよかったくらいだ。ここ盤門は蘇州に現存する唯一の城門とのことです。ここの城門は少し変わった造りになっていて通常の門と水路の門の2つがあり、水路は小舟が通れるほどの幅しかありません。舟で運んできた物資を舟ごと城内に入れていたのでしょう。水郷の街らしいですね。水門も陸の門と同じように四角形に城壁が築かれていて外門と内門があります。門扉は城壁の上から落とす仕掛けになっていて、落としたあとは門扉を巻き上げる装置があります。ここには瑞光塔という塔もあり登ってみました。残念ながら4階以上は扉が閉まっていてベランダに出ることはできませんでした。それでも3階からの景色はそこそこよかったです。
次ぎに盤門から近い滄浪亭に行きました。雨は相変わらず降ったり止んだりです。ここは可園が隣にあり両方を見ることができる共通券を販売していたのでそれを買いました。可園と滄浪亭と両方とも見たのですが私には中国庭園を観賞する能力が乏しいことがわかりました。滄浪亭では河北省から来たというおじいちゃんと少し話をしました。昨日に拙政園に行ったのだが素晴らしかったのでぜひ行ってみなさいとのことだった。
地下鉄に乗って北塔報恩寺に行った。ここは無料だったが塔へは登れなかった。外に出て博物館に向かって通りを歩いているとラーメン店があったのでラーメンとチャーハンで昼食にした。
蘇州博物館は無料でした。中国は無料の博物館が多いのでうれしいですね。身分証が必要な場合が多いのでパスポートは忘れずに持っていきましょう。博物館は地下が明代江西藩王墓出土文物精品展、1階が呉地遺珍・呉塔国宝、2階が書画展・呉門書画でした。省会でない博物館としてはなかなかよかったと思います。博物館を出て拙政園に行こうかとも思いましたが、久しぶりに長時間歩いて足が疲れてしまったので明日にすることにしました。
まだ15時前で時間もあるので水路の舟に乗ってみました。料金は40元で30分ほど水路からの眺めを楽しみました。私の他に乗客は5人、夫婦2組でそのうち1組は子供がいました。
中国銀行に行って両替をしました。両替するだけで1時間もかかってしまった。順番待ちで30分、自分の番になって両替するだけで30分。非常に態度の悪い銀行員のお姉さんが、今まで両替処理とかやったことがないのか?うまく処理ができないたびに人のパスポートを机に叩きつけて文句を言っている。もっと大切に扱ってほしいものだが、たまに上司が来て教えているがまったく要領を得ない。私の中国語が達者であれば文句の一言でも言いたくなるのだが、あいにく中国語は達者ではない。黙ってみているよりない。それにしてもうんざりとしてしまう。まあ中国銀行の行員だと客より偉くて当たり前の世界かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

蘇州に向け出発

昨夜は雷付きの雨が降っていたが、夜明け前になんとか止んでくれた。晴れてはいないが雨が降っていないだけでも上出来だ。昨日ダイソーで買ってきた300円の小さなリュックと200円の手提げ袋に旅行セットを詰め込んで出発の準備が完了だ。高速バスに乗り高松ゆめタウンで空港バスに乗り換え高松空港に到着した。春秋航空の高松上海便は格安で助かる。空港カウンターで搭乗手続きをしていると「荷物の重量は問題ありませんが機内持ち込みは1個にして下さい。」とリュックか手提げ袋かどちらかにして下さいと。私は最近荷物を預けるのが好きではない。理由はいろいろあるが一番大きな理由は荷物を預けると到着後の荷物受け取りで時間ロスになることだ。「なんとかなりませんか?」ってお願いすると大きなビニール袋を出してくれて「飛行機に乗るまでリュックと手提げ袋をこれに入れて1個にして下さい。」ってことで通してくれた。感謝である。飛行機はほぼ満席で離陸するとネット予約時に注文していた機内食がやってきた。魯肉飯というらしい。中華料理らしい香辛料の味付けである。
上海浦東空港からは、地下鉄に乗って上海駅まで行き、そこのバスターミナルから蘇州行きの高速バスに乗って蘇州南門バスターミナルに到着した。ここからが運が悪かった。バイクタクシーに乗り十全街近辺に行き、そこで格安宿を探すもガイドブックに書いてあるところは見つからず、他の安そうな宿を探すもなかなか見つけられず、雨が降り出してきて日も暮れてきて暗くなり、何軒かあたるも中国の身分証がないと泊まれないところが多く、3時間くらいかかってようやく宿で紹介してもらった布丁酒店というチェーン店の宿に泊まることができた。宿を探すだけでくたくたになってしまった。超市でトイレットペーパー、シャンプー、石鹸など必要な日常品をそろえようやく落ち着いた。
中国では路線バスが非常に役に立つ。市街地をほぼ網羅し便数も多いのでそんなに待ち時間も気にならない、しかも料金は格安で使いこなせるとたいへん便利である。近年は大都市には地下鉄が急速に普及し始めているが、それでもバスの需要は多い。時間があれば路線バスに乗ってみて下さい。前乗りのワンマンバスであればだいたいが2元です。空調していない時期であれば1元だったりします。1回、2回失敗しても失敗すればまた同じ番号のバスで戻ってくればいいくらいの気持ちでやってみて下さい。何度か繰り返すうちにコツがつかめてくると思います。バス停にはだいたい路線バスの番号と行先が書かれているので地図とみくらべて確認してみて下さい。ただ時間のほうが重要な時はタクシー利用のほうがいいです。私はいまだにバスに乗って失敗しています。乗り間違いや乗り過ごし目的地より手前で降りてしまったり、それでも路線バスはいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2017年5月 »