« 西安陝西歴史博物館 | トップページ | 蘇州に向け出発 »

2016年5月25日 (水)

最終日

ぐっすりと眠れて快適な朝を迎えた。今日は最終日である。華山の筋肉痛もすっかりよくなった。9時に起きてまずは全身按摩をしてもらいに出かけた。ここにはほとんど毎日のように来てすっかり常連客のようになっている。お母さんはエステを勧めるが私にその気はない。1時間按摩をしてもらってすっかり体調がよくなった。身体はそろそろ日本食を欲しがっているが、これで旅行が終わるのではなく今から旅行が始まるとしてもいいくらいだ。いつものように青海美味餐館で遅い朝食をしてホテルに戻った。そしてリュックの荷物を整理して出発の準備をした。飛行機は夜なのでまだまだ時間はある。どこに行こうかと迷っていたが今日は大興善寺というところに行くことにした。ホテルをチェックアウトして荷物を預かってもらった。
地下鉄に乗って小塞駅で降りた。改札を出ると目の前に若いお坊さんがいる。もしかして大興善寺に行くお坊さんかな?と思ってあとをついて行くと、このお坊さんは人に道を訊ねながら歩いている。どうやら私と同じで初めて大興善寺に行くみたいだ。10分ほど歩くとお坊さんと一緒にお寺に到着した。40分ほどお寺を見学して外に出た。地下鉄に乗り鐘楼で降り西羊市街をぶらぶらして賈三灌湯包子で牛肉包子を食べて駅前に戻った。
少し早いがホテルで荷物を受け取り機場バスに乗って空港に向かった。飛行機は夜10時半出発なのにまだ6時半である。空港に早く着きすぎた。9時にやっと搭乗手続きが始まり出国審査と荷物検査を済ませ免税店で買い物をした。少しのんびりしながら搭乗口まで行くと人が少ない。5、6人しかいない。なんか変だぞと思ってチケットと搭乗口、そして電光掲示板を何度も確認するがやはりあっている。なんでだろう?不思議だな?と思っていると職員の女性が私を呼びに来た。どうやら搭乗口が変更になったらしい。変更になったのなら電光掲示板に搭乗口が変更になったことを知らせる案内があってもよさように思うが、それは日本人の考えなのだろうか?まだ呼びに来てくれただけでもありがたいのだろう。案内してもらって飛行機に乗るとすぐにドアが閉まり出発になった。どうやらまた最後になったらしい。

|

« 西安陝西歴史博物館 | トップページ | 蘇州に向け出発 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最終日:

« 西安陝西歴史博物館 | トップページ | 蘇州に向け出発 »