« 2014年5月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

嘉峪関

朝4:30に列車が嘉峪関に到着した。まだまっ暗だ。バスの始発まで駅で待って中心街まで行くか、それともタクシーに乗るかだが、宿を紹介するという人が来て一緒にタクシーに乗って中心街まで行った。まあ期待はしていなかったが、やはり1泊180元と高いわりには部屋もよくない。私が「高いので私には払えない」と言って断ると、どこに行ってもこれくらいの値段はすると言っている。高いところは300元400元すると言っている。まあそれはそうだろう。だが私は1泊180元は無理だと言って断った。私の経験では、やはり自分で探した方がいい宿に当たる確率が高い。タクシー代15元を払って一人で宿を探し始める。早朝なのでそもそも開いている宿が少ない。それでも2軒入ってみたが、どちらも中国の身分証がないとダメだった。宿を探しながら歩いているうちに、だんだん明るくなってきた。少し遠いが地球の歩き方に載っている青年賓館というところに行った。50元くらいのドミトリーを期待していたのだが、ごく普通の賓館で1泊148元だった。高いがとりあえず部屋を見せてもらうとそこそこ良かったので、ここに泊まることにした。シャワーをして洗濯をして、近くで小龍包を食べて観光に出かけることにした。
宿の受付で訊くと懸壁長城に行くにはバスはなく、タクシーで行くしかないとのこと、賓館の前にいたタクシーで50元だと言うので向かった。往復50元だと思っていたら片道50元だと運転手のおばちゃんが言う。きちんと確認しない自分が悪いのだがやられた。20分ほど待ってやっと門が開き入場時間になった。門票は100元だった。ちょっと高いが今さらやめるわけにもいかない。門票を買って長城に上って歩いた。長城と言っても申し訳程度につくったもので、たいしたことはない。これで100元は高すぎるぞーと独り言を言いながら山を登る。1時間ほどで見て終わりタクシーで嘉峪関に向かった。30元だった。タクシーの運転手に門票はどこで買えばいいのか訊くと、あなたは持っているでしょうって言うので、さっき買った門票を見せると共通で使えるそうだ。それだと100元もまあ納得できる。嘉峪関を見て、嘉峪関長城博物館というのがあったので、そこも見学した。外に出るとタクシーの運転手のおっちゃんが、山か河に行かないか?と誘ってくる。山はもう行っているので河に行くことにした往復で60元だそうだ。門票も共通で使えるそうだ。ここは万里長城の西端で、河が深く土地を削り取り断崖絶壁になっている。そこから長城が始まっているそうである。河にかかる吊り橋を渡ると緊張する。下を見て歩けない。今日行った3つの中でここが一番よかったと思う。タクシーの運転手と約束した1時間で外に出て、嘉峪関のバス乗り場まで乗せていってもらった。
まだ15:30なので酒泉に行くことにした。嘉酒公交車というバスが嘉峪関と酒泉を往復しており、約30分3元で行ける。酒泉の西漢酒泉勝跡に行った。まあなんでもないような公園だった。霍去病という言葉がなければたぶん行かないと思う。ついでに鐘楼も見て嘉峪関に戻ってきた。夕方になり特に風が強くなってきた。砂埃で前が見にくくなるほどだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

列車で嘉峪関へ

包子を買って屋台のおばちゃんと話をしながら4個も食べた。少し早いが宿を出て駅に向かった。駅の待合室でお茶を魔法瓶に入れて、それからカップラーメンとピスタチオを買って列車に乗った。これから17時間の列車の旅だ。
この車両の担当乗務員の女の子がかわいい。私のベッドの隣は7歳の男の子と2歳くらいの子供とお母さん、男の子は元気よくて列車の中で騒いでいる。カップラーメンを買ってはいたが、列車の中で弁当を買った。25元とちょっと高めだが、まあまあ美味しかった。列車からの景色は時間とともにだんだん緑が少なくなっていく、そして荒野が広がっていく。音楽を聴きながら列車の旅は続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

西安

朝起きて、とりあえず駅に行った。列車の切符を確認するためだ。今回の旅行も日数が足りないので、出来れば旅の中心である敦煌を先に見て、それから順番に敦煌から西安に戻りながら観光していきたいと思う。それで駅の窓口で明日の嘉峪関行きの寝台の切符があるのか訊いてみた。そしたら運よく買えた。10:41発の列車で翌日早朝に嘉峪関に到着する。これだと敦煌行きの列車の切符も買えたのかもしれない。なにしろ敦煌行きは列車の本数が少ないのであきらめていたのだ。まあ嘉峪関までの列車の切符が買えただけでも上出来だ。
リュックの留め金がなくなっていて背負うのに不便になっていたので、駅近くの雑貨屋で安いリュックを買った。そして帽子も買った。リュックが45元で帽子が30元。それから中国銀行に行って両替をした。これで旅の準備が整った。
それで今からどうしようかと思って地図をみると駅の北側に大明宮国家遺址公園という大きな公園があるので行ってみることにした。東側から行こうとすればすぐに行けたと思うのだが、西側から行こうとしたために、なかなかたどり着けなくてバイクタクシーに乗ってしまった。大明宮国家遺址公園の南側の入口には大きな城壁をかたどった建造物があり中が博物館になっていた。門票95元と書いてあって高いなあと思ったが買うことにした。100元札を出すと40元却って来て60元だった。4月28日なのでぎりぎり冬期料金なのだろうか?まあ得した気分になってしまう。博物館は唐時代の宮殿の門の跡地みたいで、城門の復旧工事のようすなどが展示されていた。30分ほどで博物館を見て終わり、公園を中に進んで行くと料金ゲートがあった。チケット売り場がすぐ近くにあり、しかたないので買いに行くと、門票を持っていないか?って訊かれたので、さっき博物館で買った門票を見せると、その門票で入れるそうだ。よかった。すごく得した気分×2になる。中に入ると宮殿跡地と博物館があった。中の博物館も同じ門票で入れた。中国では買った門票をすぐに捨ててはいけない。持っていることだ。中の博物館もここの復旧工事のようすが展示されていた。まあ、ようするに唐の時代の宮殿だった場所が、つい近年まで住民が家を建て住んでいたので、すべてを追い出し復旧工事をしたということである。まあ、しかし広大な面積なので大変な作業であるのは確かだが。
それから宿に戻ってお茶屋に行った。前回の旅行で行った李さんのお茶屋だ。前回いた女の子はいなかった。訊くと別れたのかもともと彼女でなかったのかよくわからなかった。黒茶を買ってジッパー付きのビニール袋に入れてもらった。李さんが馬さんを呼んでくれて3人でお茶を飲みながら話をして宿に戻った。宿に戻ると中国の大学生が2人いた。南京と杭州の出身だそうだ。現在の日本のアニメの事とか中国の歴史の事とかAV女優の話をして、それからまた宿の受付の女の子も入れて4人で日本語と中国語の両方でおしゃべりをしていた。若い人と話をすると自分も若返ったような気分になる。とても楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

出発

朝、目覚めると雨だった。やはりというかなんというか、まあ小雨なのでまだいいか。昨日までは晴れていたのに。いつか空が抜けるような快晴の日に出発してみたいものだ。4時半に起きて出発の準備をして、気合十分で小雨の中を歩いてバス停まで行く、JRの高速バスに乗り目指すは関西空港。順調に三宮バスターミナルまで来たのだが、ここからがたいへんだった。緊急道路工事とかで阪神高速が渋滞、予定より45分遅れだそうだ。どうすることもできない。途中でバスを降りることもできないそうだ。それでも運転手や乗客が道路情報などを調べてくれて5分取り戻し40分遅れでなんばバスターミナルOCATに到着した。出発前に予定していた南海電車にはもう乗れない。とりあえずバスターミナルの案内所で関西空港行きのバスを訊いてみる。15:40発で16:30着だそうだ。飛行機のフライト時刻が17:30なので出発1時間前、ぎりぎり間に合うかもしれない。運を天にまかせることにした。もし空港行のバスが少しでも遅れれば飛行機に乗り遅れるかもしれない。バスの出発までまだ少し時間があるので銀行のATMで軍資金を確保した。バスは順調に出発し高速道路もスムーズに走行し到着予定時刻より3分ほど早く着いた。急いで出発ロビーの案内所で春秋航空の搭乗手続きカウンターを訊いて向かった。西安と書いてあるカウンターがまだあったので、そこに行くと受付の女の子が「団体客でない方はここでは受付できません」とか言っているのを「西安行きなんだ」って言うと男性の担当者が来てくれて受付してくれた。「今度からはもっと早く来てください」って言われて、まあ、それはそうなのだが、搭乗手続きはもうすでに次のフライトになっていたので待っていてくれていたのかもしれない。急いで荷物検査と出国手続きを済ませ搭乗口に行くともうすでに全員搭乗していた。でもなんとか搭乗できてよかった。
西安到着時刻が21:15となっていたが、予定よりずいぶん早い20:30頃に到着した。空港からエアポートバスに乗って西安市内に向かい市の中心部の五路口に到着し、そこから地下鉄に乗って洒金橋で降りた。前回と同じ秦城小巷客桟に行き泊まった。ドミトリーの8人部屋で半分くらいのベッドが空いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

スケジュール

【4/27 水】関西空港>西安
【4/28 木】西安 大明宮国家遺址公園
【4/29 金】西安>嘉峪関
【4/30 土】嘉峪関 懸壁長城、嘉峪関、万里長城第一墩、西漢酒泉勝跡(酒泉)
【5/01 日】嘉峪関 魏晋壁画墓
【5/02 月】嘉峪関>敦煌
【5/03 火】敦煌 莫高窟、敦煌雑技芸術歌舞劇院
【5/04 水】敦煌 敦煌古城、西千仏洞、陽関、玉門関、漢代長城、ヤルダン地質公園
【5/05 木】敦煌 休養 敦煌盛典
【5/06 金】敦煌 鳴沙山・月牙泉
【5/07 土】敦煌>張掖 大仏寺
【5/08 日】張掖 休養
【5/09 月】張掖 丹霞地質公園、水溝丹霞
【5/10 火】張掖 馬蹄寺石窟
【5/11 水】張掖>蘭州 甘粛省博物館 
【5/12 木】蘭州 甘粛省博物館 >天水
【5/13 金】天水 麦積山石窟、胡氏民居南宅子、李広墓、南郭寺
【5/14 土】天水>宝鶏 金台観
【5/15 日】宝鶏 五丈原諸葛亮博物館、炎帝陵
【5/16 月】宝鶏>扶風 法門寺 >興平 
【5/17 火】興平 楊貴妃墓、茂陵博物館 >西安
【5/18 水】西安 興慶宮公園 >華山
【5/19 木】華山 華山 >西安
【5/20 金】西安 休養
【5/21 土】西安 西安博物院、小雁塔
【5/22 日】西安 秦阿房宮、大唐芙蓉園
【5/23 月】西安 休養
【5/24 火】西安 陝西歴史博物館
【5/25 水】西安>関西空港
【5/26 木】関西空港
概要
陝西省の西安、甘粛省の敦煌、嘉峪関、張掖、蘭州、天水に行ってきました。
世界遺産の敦煌莫高窟です。
今回の旅行でも大勢のかたにお世話になりました。みなさまありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2016年5月 »