« 平遥 喬家大院 | トップページ | 平遥 双林寺 »

2014年5月19日 (月)

平遥 古城

今日5月19日は中国では観光の日だそうで、観光地の入場料が無料になったりするそうである。ということで今日は平遥古城をすべて見て回ろうと思っている。さっそく中心街へと出かける。日昇昌は団体の観光客が多すぎて入れない。とりあえず後回しにして空いてるところから行ってみようと思う。しかし昨日の日曜日より人が多いと思う。人でいっぱいだ。東門に着いた時にちょうど無料開放するところだったので東門から城壁に登ってみた。城門の上から見ると昔の防御システムが良く分かる。素人判断だがちょっと解説すると、まず城壁の外周には堀があり水がある。そして城門のところは四角形の箱型に城壁を築き張り出すようになっている。外門と内門の2つがあり、外門とその周囲は2メートルほど下に掘っている。水を溜めると門が水中に隠れるようになっている。映画とかで太い丸太の木を城門にぶち当てて壊すのを見かけるが、これではできない。しかし水を汲み出して空堀にすると可能ではあるが。
城壁の上は歩けるようになっていて眺めもすばらしい。東門から南に向かい歩いていく。奎星楼を過ぎ南門に来た時には人でいっぱいだった。それにも関わらず城壁に登る観光客が下で列をなして並んでいる。南門の外側は広場になっていて凧揚げとかしている。南から西へと向かい西門から下に降りた。そしていったん宿に戻り休憩した。
午後になって宿を少し探した。今日はもう昨日と同じ宿に泊まることにしていたので明日のための準備だ。最後の一泊くらいは古城内のちょっといいところに泊まろうと思って良さそうなところを探した。もちろん観光のついでではあるのだが。そうしていると馬圏巷通りでひとつ良さそうな宿を見つけた。田家客桟という宿だ。中に入り値段をきいて部屋を見せてもらった。なかなか良い感じだ。部屋によって値段は違うらしいが2階の部屋がおすすめだ。明日はここにしようと決めて、宿のおばちゃんに「今日はもうすでに泊まるところは決まっているから明日また来るからね」と紙に書いて外に出た。
午後も積極的に見て回り歩き疲れた。あと人の多さにも疲れた。夕食に巻き寿司の店で野菜巻きを食べた。日本の巻き寿司とはかなり違うが、まあ普通に食べれた。ここ平遥でこれだけの人だと有名な観光地はどうだったんだろう?

|

« 平遥 喬家大院 | トップページ | 平遥 双林寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平遥 古城:

« 平遥 喬家大院 | トップページ | 平遥 双林寺 »