« 西安 漢陽陵 | トップページ | 上海 »

2014年5月27日 (火)

西安 乾陵

ついに観光できる最後の日が来た。今日は法門寺方面に行ってみようと思っている。まずは西安駅まで行って遊バスの太白山行きを探す。バスはすぐに見つかって法門寺に行くか確認してみた。そしたらなんと行かないと、地図にも行くように書いてあったので残念だ。しかたないので乾陵に行くことにした。乾陵から法門寺行きのバスがあるみたいなので時間があれば行けるかもしれない。しかしバスに乗ったもののなかなか発車しない。平日だししかたないのかもしれない。40分ほど待ってようやく出発になった。この乾陵行きのバスは路線バスなのだが、ある意味パッケージツアーみたいになっている。西安出発から西安に戻ってくるまで団体行動になっている。
乾陵に到着し共通入場券と電動車のチケットを152元で買う。ここは電動車に乗らないと歩いては無理だ。電動車といっても普通の公道を走っていく。バスから降りた全員が3台の電動車に分かれて乗り陵墓や博物館を見学し最後は乗ってきたバスに再び乗り西安まで戻る。見学が終わるともう2時過ぎになっていた。今から法門寺まで移動し見学するには時間が足りないような気がして西安に戻ることにした。
西安駅まで戻り駅前東側にあるいかがわしい店が並ぶところを通り、入ろうかな?とも思ったが今回の旅行はお金もそんなにないし思いとどまり、地下鉄に乗って戻った。最近中国ではこういうお店がちょっと減ったように思う。広東省で大がかりな摘発をしたとかいうニュースも見たけどその影響があるのかもしれない。
盲人按摩に寄り1時間マッサージをしてもらった。だいぶ良くはなったがまだ少し風邪が残っている。マッサージをしてもらうと身体が楽になり余計に鼻水が出てくる。花粉症かもしれないが発熱はないので身体もそんなにはだるくない。いったん宿に戻りシャワーをしてお茶屋に行った。お茶をごちそうになりながらお茶屋のご主人の李さんにお茶について勉強させてもらった。李さんの今のお勧めは黒茶だそうだ。湖南省安化のお茶がいいらしい。そうしていると馬さんがやってきた。今日も自転車に乗って山に行ってたそうだ。それで友人の馬さんを呼んできた。2人とも馬で回族だそうだ。血縁関係かどうかわからないが、友人の馬さんも日本アニメが大好きでこちらはアウトドア派ではなく家にこもっているそうだ。中国では「宅男」というらしい。2人とも日本アニメが好きだというだけあって日本語が少し話せる。アニメに影響されているせいか少しおかしな日本語ではあるが。日本には絶対に行ってみたいと言っていた。日本の100円硬貨と50円硬貨をみんなに1枚づつあげて宿に戻った。結局3時間くらいみんなでおしゃべりしていた。

|

« 西安 漢陽陵 | トップページ | 上海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西安 乾陵:

« 西安 漢陽陵 | トップページ | 上海 »