« 太原・平遥・西安 | トップページ | 太原 純陽宮 »

2014年5月15日 (木)

出発

まあ、いつも通りというか、なんというか、やはり出発日の今日は雨でした。傘を持ってきのう準備したリュックを背負って、さあ出発だ。高速バスのチケットを持ってバス乗り場まで行き、念のためにバス乗り場のおっちゃんに「高松行きの高速バス乗り場はここですか?」って聞くと、「違うよ、向こうだよ」って教えてくれた。バスの発車時刻まで5分くらいしかなかったので聞いといてよかった。高速バスから空港バスに乗り換えなんとか高松空港に到着、ここに来るのは初めてだ。
今回は春秋航空のチケットがネットで数千円だったので安さにつられて買ってしまった。まあ、結局は燃料費とか空港利用料とか合わせると全部で2万5千円くらいになるのだがそれでも安い。搭乗手続きと出国審査をさっさと済ませ、飛行機に乗るとおもったよりも乗客がいた。
今回は中国内の鉄道の切符を上海の旅行会社で手配してもらった。手数料はとられるが、それでもそのほうがいいと判断した。長距離の寝台だと利用日の5日前くらいでないと買えないし、バスでの移動は疲れる。まあ、飛行機が一番いいのだが料金が高くなる。事前に移動日を決めてしまうと柔軟な対応ができなくなるが、それでも事前に買っておいたほうが安心はできる。上海から太原、平遥から西安、西安から上海の3枚を手配してもらった。そして切符は上海の旅行会社まで直接とりに行くことにした。なので上海浦東空港に到着すると早速旅行会社に向かうことになる。空港からリニアに乗って地下鉄に乗り換え旅行会社の最寄り駅に、駅を出て探すもなかなか見つからない。30分ほど探してようやく見つかった。違うビルの中を一生懸命に探していた。旅行会社で切符を受け取り支払いを済ませて銀行に行った。両替をするのに今は円元の交換レートが0.059。数年前の円高の時からくらべるとずいぶん悪くなっている。
列車の出発まではまだ時間があるが、することも無いので駅に向かった。カップラーメンとティッシュを買って待合室へ、本を見ながら待っているとすぐに1時間が経った。列車に乗ると、そこそこきれいな列車だった。明日の朝の太原駅到着まですることもないので
ベッドに横になってうとうとしはじめた。

|

« 太原・平遥・西安 | トップページ | 太原 純陽宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出発:

« 太原・平遥・西安 | トップページ | 太原 純陽宮 »