« 休暇 | トップページ | 大里蒼山 »

2011年7月17日 (日)

大里古城

今日はバスに乗って大里古城へ。ちょっと説明すると、ここ大里の街は二つある。古い街の大里古城と、新しい街の下関。行政や交通の中心は下関で観光の中心は大里古城。二つの街はたぶん10km以上離れている。バス等の行先で大里と書いてあると大里古城へ行く。新しい街の下関へ行くには下関と書いたバスに乗らないといけない。ちょっとややこしいが省などの大きい単位で大里といえば下関をさし、大里の街中では下関という。大里古城に到着しレンタルの自転車を借りた。自転車に乗ってさっそく大里古城の中をまわってみた。中心街の五華楼門付近は乗車禁止で押して歩かなければならない。大里古城の中心街を見て、その後、崇聖寺三塔に行った。少し道に迷いながら何とかたどり着けた。入場料(門票)が121元で高かったので、入るのを止めようかとも思ったが、せっかくここまできたので入ることにした。中は思っていたのよりずいぶん広く丘の上の方まで上がると景色も素晴らしい。ただ、塔にも上れないしやはり 121元は高すぎると思う。崇聖寺三塔を出て蒼山索道(ケーブルカー)で山に上ってみようと思い、乗場を探してみたが、なかなか見つからない。自転車でうろうろしていると天龍八部城の入口という場所に来た。自転車で坂道を上ろうとすると、おじさんが、止めとけ三輪タクシーに乗っていけというので、まあゆわれるがままに自転車を置いていくことにした。天龍八部城に到着して、中に入りぐるっとひととおり見た。日本人僧侶の石碑というのもあった。帰りは歩いて山を下りて、自転車に乗って再度、蒼山ケーブルカー乗場を探した。自転車で坂道を上って息をきらしていると、おばちゃんがケーブルカーの切符を買ってくれないか?と近寄って来た。そして蒼山の観光案内とちょっとした地図を持っていたので見せてもらった。そうすると蒼山のおもだった観光場所を見ようと思うと1日かかりそうで、ちょっとだけでも2〜3時間はかかりそうだ。今は15時なので自転車を返すやくそくの時間に間にあいそうにない。おばちゃんに自転車を返さないといけないので、明日の朝またここに来るよ。と言って帰ることにした。下関まで戻って昨日とは別のホテルに近いネットカフェに行くと、またもや身分証がないとダメだと言う。今度は何を言ってもダメの一点張りで結局入れてくれなかった。もう一軒別の店に行ってみたがここもダメだった。ネットカフェに入れないのはけっこう痛い、もう中国旅行を止めようとも思う。

|

« 休暇 | トップページ | 大里蒼山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大里古城:

« 休暇 | トップページ | 大里蒼山 »