« 虎跳峡 | トップページ | 束河古鎮 »

2011年7月23日 (土)

木府

なんだか体調がよくない。少し風邪をひいたようだ。咳とか熱はないようだが鼻水がすごい。そして身体がだるい。なので今日は休養日にしようと思う。部屋にパソコンもあるのでゆっくりしようと思う。
午前中はパソコンをしながら部屋でだらだらとしていた。日記を書かなきゃないないとおもいつつもすすまない。日本のニュースを少し読んで、なにをしようか考えていたけど、結局パソコンの処理速度が遅いのが嫌になって、外に食事に出かけた。
食事がおわると、もう少しどこかに行ってみたくなり、麗江古城に向かった。古城内の木府という建物にまだ行ってないのでそこに行った。木府というのは、この麗江周辺地域を治めていた豪族の木氏の建物だ。その当時の行政の中心であり、また中央からの役人の接待場所でもあったように思われる。いくつもの家屋が建ち並び市街地ではかなりの広さだ。裏が小高い丘になっており頂上まで登ると万古楼という建物があり、そこから見渡すと麗江古城の街が一望できる。
夕方になり宿にもどった。ここ雲南省の日暮れは遅い。17時でもまだ日中のように明るいし暑い。19時を過ぎるとやっとうす暗くなってくる。特に今の時期は日が長い。宿に戻ると宿のご主人が一緒に食事をしようと誘ってくれたので、食事を御馳走になった。まあ普通の家庭料理のようなかんじで特段美味しいというわけではないが、みんなで会話しながらの食事はたのしい。宿のご主人は、お酒は飲まないそうでコーラで乾杯した。
宿の前に薬局があるので風邪薬を買って飲んだ。初めて中国の薬局で薬を買った。

|

« 虎跳峡 | トップページ | 束河古鎮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木府:

« 虎跳峡 | トップページ | 束河古鎮 »